パソコンのセルフメンテナンスを推奨!

お知らせ

できないよりできる方が得?

何でもそういうことが言えると思いますが、パソコンのメンテナンスはまさにそれが当てはまるものだと思います。

私は昔からパソコンのセルフメンテナンスを推奨し、素人でもメンテナンスができるように情報発信してきました。

なぜか?

修理代を安く抑える。ということではなく、ビジネスのロスとデータ保護を行うためなのです。

ビジネスに不可欠な時代

ここ10年を考えてみてもパソコンはビジネスに不可欠な存在ということが解ると思います。

メールに文書、表計算に業務ソフト、工場に至ってはあらゆる業務にwindowsパソコンが組み込まれています。

スマホ元年と言われた時代でしたが、ビジネスの中心に君臨し続けているものはやはりwindowsパソコンなのです。

しかし、ほとんどの中小企業ではそれが大事に扱われていない事実もあります。

ですから、不意のトラブルが何度となく起こるのですが、そんな時は誰に頼るか?

今までであればメーカーのサービスマンやサポセンの人でした。

そうです、サポート要員も沢山いましたし、サービスセンターも各県にあるなど、サポート体制が万全だったからです。

ただ、パソコン全盛期の時代から10年を得て何が変わったか?

それはテクノロジーもそうですが、大きく変わったことは「人間」です。

そう、様々に関係する人なのです。

10年の進化を得て、人間はテクノロジーにどっぷり浸ってしまい、パソコン無しでは仕事ができないまでに退化してしまいました。

そのせいでパソコン依存型ビジネスになり、全てデジタルの世界に入って行ったと言っても過言ではないでしょう。

挙句の果てはパソコンと運命共同体になってしまい、自分だけでは何もできないようになってしまったのです。

では、そんな運命共同体の扱いはどうか?

つまりメンテナンスをどうしているか?と考えると、ほとんどの中小企業がメーカーに依存してしまっているのです。

しかしながら、それを支えるメーカーも不況の煽りか、サービス人材不足、サポートセンターの人材不足など、サポート体制が崩壊してきているのです。

私は情報化社会の今だからこそセルフメンテナンスができるまでのスキルが必要なのだと思っています。

依存はNG!

自分の身体もどこかが痛ければすぐ病院に行くか?

そういう人もいますが、ほとんどの方は薬局で薬を買ってきて自分で処置したりすると思います。

稀に「ほっときゃあ~治る」という人もいますが、これは人間に自然治癒力が備わっているからです。

では、運命共同体のパソコンはどうでしょうか?

当然、自然治癒力などなく、不意のトラブルがあれば、うんともすんとも言わず、動いてくれないでしょう。

当然のことですが、あたふたするだけでどうすることもできない人がほとんどだと思います。

それは修理やメンテナンスをメーカーに依存してきたからです。

確かにパソコンに依存していない昔はそれでも良かったですが、今はそれをすると修理のロスとメーカーにパソコンを送るためのバックアップなどの非常に面倒な手間が襲ってきます。

何より、パソコンのデータが大容量化していることもその面倒の原因だからです。

当然、企業であれば情報漏洩のきっかけにもなりえます。

メーカーのサービスマンが信用できない?という訳ではないのですが、過去企業の不祥事が相次ぎ、「モラルだけでは済まされない時代になった」というキャッチすらできるぐらい、人間の変化を言ってきました。

これは情報が企業の経営を大きく左右するもので、それがお金になる時代になったからです。

ですから、第三者がその情報にアクセスできる環境をできるだけ作らない方が良いのです。

「備えあれば憂いなし」

トラブル予防もそうですが、トラブルが起こってからの備えもしていかなければならない時代になったことも事実なのです。

セルフメンテナンスの重要性

私は今のマスコミのように強引にストーリーを作っている訳ではありません。

時代の流れを考えた時、当然持っていて損はないスキルがセルフメンテナンスだと思っているからです。

セルフメンテナンスとは自分のビジネスを支えてくれているパソコンを知り、不意のトラブルにも対応できるスキルですので、今から10年先、20年先を考えても大いに役立つものです。

人間も風邪を引くように、パソコンも毎日動いているので、ファンが壊れたり、HDDが壊れた入りします。

そんな時、何をして、どう動けば良いか?

これを知っているのと知らないのではビジネスにも大きく差がでると思います。

特に企業のシステム担当者は運用コストを軽減していくためにもそういうスキルが重要なのではないでしょうか?

日々、セルフメンテナンスに必要な情報を発信し、dynabookと共に生きています。

セルフメンテナンスでdynabookに強くなる | パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook
結論から言えば私がいう「セルフメンテナンス」とは単に自分で修理するということではないということなのです。 それは情報化社会の今だからこそ、誰もが慣れておきたい技術じゃないかなあ~と思っています。 今さらなぜ、セルフメンテナンスを推奨しているか? それは大容量データ時代の今だから?かもしれません。 これが「できる」と「で...

 

タイトルとURLをコピーしました